Archive for 2019.04



2019.04.18

腰痛防止委員会 慢性腰痛対策1


月曜日恒例

 

【腰痛防止委員会】会報です!

 

腰痛もち、

 

という言葉もあるくらい、

 

 

慢性腰痛に悩まされている方は多いです。

 

 

 

慢性腰痛の大きな特徴として、

 

 

ある動きがとてもつらい、

 

とても怖い、

 

というものがあります。

 

 

 

代表例を書きます。

 

 

 

うつ伏せになります。

 

 

(これ自体が厳しい人がいます。

この場合は、別途解説します)

 

 

 

そして、

 

 

肘を支えにして

上半身を起こして、

 

 

本を読むようなポーズ。

 

 

 

 

これが怖いし、

このポーズをすると痛みが出る。

 

 

だから、

 

反らすのが怖い!!!!

 

 

 

反らすと痛いから、

腰がどんどん曲がる。

 

 

自分は腰痛もちで、

 

反らすことはとても怖いので、

 

 

腰が曲がるのはイヤだけど、

 

 

しょうがない。。。。。。。

 

 

 

 

慢性腰痛の怖さはここにあります。

 

 

 

いわば、

 

 

 

あきらめ、

 

 

 

思考停止が、

 

 

 

別の意味で怖いのです。

 

 

 

 

 

この画像のように

 

 

間違ったうつ伏せ読書は

 

 

危険です。

 

 

間違いありません。

 

 

痛みがその都度伴うのは

 

いいことではありません。

 

 

 

 

しかし、

 

 

それは、

 

 

慢性腰痛のせいではありません。

 

 

 

慢性腰痛を引き起こす、

 

 

ある原因を悪化させるために、

 

 

発生してしまうことが問題です。

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

このような姿勢で痛みが出る場合は、

 

 

お腹に8つ折りタオルのような

薄いクッションを入れてみてください。

 

手を差し込んでもいいです。

 

すると、

例外なく

 

痛みが消えます。

 

 

 

 

この矢印の部分で

 

腰骨が極端に反りすぎるから痛みが出るだけで、

 

クッションを入れると

 

 

腰骨がまんべんなく反るようになるので

 

痛みが出ないのですね!!!

 

 

 

慢性で思考停止してしまいがちですが、

 

視点の移動で

 

対策は立てられます!!!

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

また、5D整体を色々な角度からお伝えしていきたいと思いますので、

 

よろしくお願いいたします!!

 




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2019.04.12

腰痛防止 ぽっこりお腹が凹むわけ


5D整体士 笠井ぶんやです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

整体とパーソナル「機能」トレーニングをコーチしてます。

 

日常の何気ない動作に目配りして、

修正すると

なんだか毎日が楽しいし、前向きな気分!!

 

さあ、

前向きになるためのコツをどうぞ!!

 

 

今回は、月曜日恒例

 

【腰痛防止委員会】週報です!

暖かい日と

厳しい寒さの日が

 

あまりに極端な今日この頃ですが、

 

あなたは、体調を崩していませんか?

 

このところ、

私の整体院にも

 

「お腹の調子が良くない」

 

と訴える方がたくさんいらっしゃいます。

 

・胃の調子が悪い

 

・胃酸が食道に逆流している

 

・便秘気味

 

・下痢がしょっちゅう

 

・お腹が張る

 

・ぽっこりお腹がひどくなっている

 

 

などなど、

 

ひとことでおなかの調子、

 

といってもいろいろです!!

 

 

 

そして、

 

↑上に書いたような症状のとき、

 

腰、背中にも違和感を感じる時があります。

 

 

 

ということで、

 

 

本日の腰痛防止委員会では、

 

 

お腹のトラブルから来る腰痛、

 

についてお話しますね!

 

 

 

まずは、原理編。

 

 

 

あなたは、

 

おなかが

 

シクシク痛くなってきたときに、

まず何をしますか?

 

 

 

・トイレに行く

 

・薬を飲む

 

・さする

 

 

 

当てはまるものがありますか?

 

 

 

今回は

 

「さする」についてまずはお話しましょう!

 

 

 

 

「手当て」ということばがあるくらい、

 

 

痛むおなかは思わずさすったりしてしまうもの。

 

 

それは

 

気休めかもしれませんが、

 

 

実は

 

 

 

体性 ー 内臓反射

 

 

という難しい言葉でも

 

説明できます。

 

 

 

カンタンにいうと

 

 

体の表面からの何らかの刺激で、

 

内臓がパッと反射的に動く、

 

 

というイメージ。

 

 

 

 

ですから、

 

 

内臓が思わず反射するような、

 

上手なさすり方だとすると、

 

 

 

手当て、さすりも

 

 

気休め、にとどまらず、

 

 

結果が出るというものです。

 

 

 

 

この手当て、

 

という行為は、

 

 

例えば、

 

赤ちゃんにとっての母親のように、

 

全幅の信頼を置いた存在が、

 

優しくさすってくれると、

 

 

「心理的 精神的」に落ち着くため、

 

 

緊張もとけて、

お腹も痛く無くなる、

 

 

ということも考えられる、

ちょっと複雑なもの。

 

 

なので

ラットを使って、

 

心理状態とかが絡まない状況でも

実験が進んでいるようですが、

 

 

まだまだ、

 

科学的に完璧には解明されていないようです。

 

 

 

 

 

ここでは、

 

もっとカンタンに物事を考えてみます。

 

 

 

 

現代の生活は、

 

 

・座ることが多い

 

・ストレスが多い

 

・生活リズムが崩れやすい

 

 

という点で

 

 

胃や腸などの

「お腹の中身」が不調になりやすく、

 

 

背骨、骨盤やそれらを支え、

カラダを動かす

「お腹を取り巻くうつわ外身」も

不調になりやすくなっています。

 

代表例が【腰痛】なんですね!!

 

 

 

 

中身の調子の悪さが

外身の不調を起こす。

 

 

その逆もしかりで

 

先ほどの

体性 内臓反射 のように

 

外身の不調が中身にも影響を及ぼすのです。

 

 

 

むずかしくなりました!

 

 

外身の不調って

 

もっと細かく、具体的にいうと、

 

どこがポイントになるのでしょうか?

 

 

 

それこそが、

 

 

 

おなか、なんです!!!

 

 

お腹の表面の腹筋は、

 

悪い姿勢で縮みっぱなし。

 

 

腹筋=外身が伸びることがないので、

中身がゆうぜんと

のびのびと動くことができなくなっている!!

 

 

 

 

 

腹筋以外にも

 

例えば

 

横隔膜という

 

呼吸の際に上下動する筋肉も、

 

お腹の中身を常にシャッフルさせるはず。

 

 

 

 

ですが、

 

運動不足のために大きな呼吸などすることもなく、

 

ストレスで息も詰まるような生活をしているので、

 

横隔膜もカチッと固まって動かない。

 

 

 

満員電車の中に

ずーっと詰め込まれているような

 

私たちの内臓さんたちに

 

なんとか

 

広々としたスペースを確保してあげるために、

 

 

 

 

骨に覆われる背中側ではなく、

 

 

骨のないお腹がわに逃げ場を見出したいのです!!

 

 

 

そうなると、

 

 

おなたのぽっこりお腹は

 

 

 

運動不足

 

メタボ

 

 

だけが原因だけではない、

 

と思えてきませんか?

 

 

 

それは、

 

 

逃げ場のなくなった内臓が

 

 

緊急避難場所を求めて

 

おなか側にせり出てきている状態が、

 

 

ぽっこりおなか、

 

 

なんです~~~!!!!!

 

 

 

ここまで書くと

 

 

TV番組で

 

整体師がぽっこりお腹を

一瞬にして凹ませて

 

ウェストマイナス○○cm 達成!!

 

などと大騒ぎしているシーンを思い出します。

 

 

あれは、

 

体重も、体脂肪も何も変わらないのですが、

 

おなかのスペースを広げて、

 

内臓を収める場所を作れたからこそできる

瞬間的な技なのです。

 

 

決してマジックではなく、

 

どっちかというと

 

 

内臓の賢い収納術

 

 

と、同じことですね笑

 

 

 

 

 

 

長くなりました。

 

 

 

次回は、

 

 

お腹のスペースを確保するために

 

どうお腹をゆるめていくか?

 

 

について書いていこうと思います!

 

それとは別に

 

おなかの筋肉がたるみ過ぎて

でっぷりとお腹が前に出過ぎておこる、

 

そんな腰痛も考えていきたいと思いますので、

ご期待ください!!

 

 

 

 

 

 




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2019.04.04

腰痛防止委員会 歩くをきわめる


5D整体士 笠井ぶんやです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

整体とパーソナル「機能」トレーニングをコーチしてます。

 

日常の何気ない動作に目配りして、

修正すると

なんだか毎日が楽しいし、前向きな気分!!

 

さあ、

前向きになるためのコツをどうぞ!!

 

 

 

今回は、

月曜日恒例

 

【腰痛予防委員会】週報です!

 

 

前回週報では、

 

腰痛対策は、

 

何をやるかもさることながら、

 

どうやるか、

がとても大切、と書きました。

 

 

 

どう正しくやるか?

 

 

結局個別指導でないと

うまくいかないもの。

 

 

だから、

これだけネットで動画が検索できても

結果が出ないので

普及していかないのです。

 

 

あなたが鍛えるべきは、

 

腹筋か?

背筋か?

 

表面の筋肉か?

深層の筋肉か?

 

部分の強化か?

運動連鎖の正常化か?

 

 

これだけでも大変です。

 

 

 

そこに、

 

 

どのように鍛えるべきか?

整えるべきか?

 

 

という難題までクリアしなくてはならないのが、

 

とても大変。

 

 

 

 

ちなみに、

 

お医者さんがオススメの運動は

 

 

「ウォーキング」

 

ですね!

 

 

そういう背景もあってか、

 

 

この20年で散歩・ウォーキングをする人が

2000万人→4000万人(倍増)

となっていて、

 

シニア層の二人に一人が散歩・ウォーキングを

実施しているそうです。

 

 

 

この状況をどう見るか???

 

 

私は、

 

 

やはり、

究極は

 

 

歩くこと、

 

なんだろうな、

 

と思います。

 

 

 

もちろん、

 

我流で歩いたとことで、

 

カロリー消費はそこそこです。

 

 

筋肉刺激、血流向上が散歩・ウォーキング効果だとすると、

 

ウォーキング後の整理体操不足での

筋疲労・骨格の歪みはマイナスポイント。

 

結果、

ブラスマイナスゼロになってしまう、

そんなもったいないウォーキング例が

ほとんど!!

 

 

だから

 

膨大な人数が実施しているにも関わらず、

いまいち成果を感じ取れていないのです。

 

 

実は、

 

忙しい人は

極端な話、

まとまった時間が必要な

ウォーキングでなくてもいいと思います。

 

 

室内を

最高のフォームで

たった数歩でもいいから

しっかり歩く。

 

 

これの積み重ねですね。

 

 

家の中をテキトーに歩かない。

 

 

 

テキトーではなく

 

正確に歩くと・・・・・・・・

 

 

 

足指

 

つち踏まず

 

ふくらはぎ

 

もも

 

 

腹筋

 

背筋

 

などがかなり疲れるのがわかります。

 

 

 

でも、

 

正確に歩くと、

 

 

 

という前提つきなんですがね。

 

 

 

 

 

こうなると

 

 

どうりでお医者さんが

 

ウォーキングを勧めるわけだ!

 

 

と妙に納得してしまうでしょ?!

 

 

 

もっとも理想的なのは、

 

健康保険で

正しい歩き方を教えてもらえれば、

みんな受講できるんですけどね!!

 

 

 

まあ、

そいうはいってもいられないので

 

 

今、LINE@で

歩き方について

動画つきで

 

ちょっとずつ説明を始めています。

 

 

難しいけれど

目からウロコが落ちる部分もあると思いますので、

 

ぜひご登録してみてくださいね!!

 




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。