Archive for お知らせ



2015.06.23

姿勢改善トレーニング


こんにちは。姿勢担当の久保です。

 

前回は姿勢トレーニングで使用するパワープレートというマシンに

ついてご紹介しました。

今回は姿勢をトレーニングで正すとはどういうことなのか、

どういう流れで何をするのかを詳しくご説明したいと思います。

 

 

一言に“姿勢が悪い”といっても原因は人によって直すべき所や理由は様々です。

自分の姿勢がどんな風なのか、理想の姿勢に比べてどこがおかしいのかを知ること。

これが出来ずに、がむしゃらにトレーニングをしても効果は出ません。

足を捻挫したのに、手を冷やしてもほとんど意味はありませんよね。笑

改善トレーニングでは折にふれ姿勢や骨格のチェックをしますが、最初の段階で、

コンピューターを使用した姿勢の精密検査も行います。精密検査といっても大がかりな機械に乗ったりするわけではなく、

骨格のポイントとなるところに印をつけて、専用のカメラで撮影するという方法です。

まずは自分のどこに問題があるのかを知ることが、正しい姿勢改善への第一歩になります。

 

 

さて、問題が見えてきたところでトレーニンをしていくのですが、少し注意が必要です。

例えば自分の姿勢の問題点が肩にあったとしましょう。猫背で肩が丸まっている”悪い姿勢によくあるタイプですね。

実はここで、肩に問題がある!と思って肩ばかりトレーニングしてみても、実際はあまりよくならないという事があります。

実はこの場合、問題は肩に表れていますが、根本や原因は違うところにあるのです。

市販の矯正道具や一般的なトレーニングを試して、「どうして私は治らないのだろう」「人とは違うのかな」という経験をしたことがある方は、そ

の方法があなたの原因には合っていなかったのでしょう。もちろん、肩だけを鍛えて直ってしまう方もいます。

原因や根本は人それぞれ。その人に合った方法でトレーニングしていくということが大切になります。

 

 

また、トレーニングと同時に大切になってくるのが、日常生活の中での姿勢です。

1時間トレーニングをして帰ったとしましょう。活動時間を17時間として、残りの16時間を家で悪い姿勢で過ごしたとしたらどうでしょうか。せっかくのトレーニングも台無しになってしまいます。

このあたりのアドバイスもトレーニングの中でしていきますが、常に正しい姿勢を意識!というのはなかなか難しいと思います。気づいたときに姿勢を気にしたり、

足を組むのをやめるなど姿勢によくない小さな習慣を減らしてくということが大切です。

 

 

このように姿勢の問題点を見つけて、トレーニング、習慣の改善していくことが、姿勢改善トレーニングの流れです。

正しい姿勢は人を元気に見せて、気分を明るくしてくれます。

逆に悪い姿勢は小さな不調や将来の痛みにつながる原因になります。

 

今まで直らなかった姿勢、今のうちに直したい姿勢、

ぜひともご相談ください。

 

 

 

次回は切っても切れない関係の、【姿勢と肩こりの関係】について

お伝えします。お楽しみに。




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2015.06.20

パワープレートってご存知ですか?


こんにちは。姿勢担当の久保です。

 

今回は当院で行っている

姿勢トレーニングの中身について、

2回に分けてお伝えしたいと思います。

 

1回目の今日は、姿勢トレーニングで使用する、

【パワープレート】というマシンについて

ご説明します。

 

皆さんがトレーニングと聞いて

持つイメージはどんなものでしょうか。

 

私は中学から長い間、バスケットしボールをしてきましたが、

トレーニングの時間は大嫌いでした。笑

 

辛いのはもちろんなのですが、

トレーニングをして動けるようになったという感覚が

ほとんどなかったからだと思います。

 

 

そんな私が姿勢改善のトレーニングを始めて

一番最初に驚かされたのが、

「パワープレート」という振動するマシンです。

 

ただ、振動している板の上でいつもと変わらず、

トレーニングをするだけなのですが・・・

地面で同じ運動をするのに比べて

・運動がやりやすくなる

・疲れが残りにくい

・効率的に鍛えられる という優れもの。

 

効果を実感しやすいので、

「これならば変われるかも!」と思ったのです。

当院の姿勢トレーニングでは、このパワープレートを

活用します。

 

重いおもりを持ち上げたりするような負荷は

いっさい必要ないので、体力や筋力に自身の

ない方から安心して始められます。

 

また、パワープレートに乗ると全身の約90%の

筋肉が活動してくれます(普段、地上の運動だと約40%と言われています)。

 

普段鍛えにくい、インナーマッスル(身体の奥にある筋肉)

を効率的に刺激できるので、姿勢トレーニングとの相性は抜群です!

 

辛いトレーニングは嫌だ!という方にこそ試して欲しいマシンです。

 

 

一度試してみたい・・・という方のために、体験もできる

パワープレートの説明会も開催しています。

お気軽に参加・お問い合わせください。

次回はトレーニングの内容についてもう少し詳しく触れていきます。

お楽しみに。




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2015.06.06

姿勢と低体温


こんにちは!

姿勢担当の久保です。

 

今日は姿勢と体温のお話です。

皆さんは自分の“平熱”って把握していますか?

 

私は昔から低体温で姿勢を改善する前は、平熱が35.4~35.6℃。

健康的な人の平熱はだいたい36.5~37.1度なので、自他認める低体温症でした。

 

同時に極度の末端冷え症。冬場になると足先が冷たくて眠れない

ということも多かったです。

 

冷え症は困りますが、平熱が低いからといってとりわけ生活に問題はありません。

特に気にもとめていなかったのですが、数年前、基礎体温を上げると病気にかかりにくい!

という内容がベストセラーの本等でも話題になりました。

 

ようやく何とかしないとまずいのでは・・・と思いはじめ、苦手な生姜を無理やり食べたりもしましたが、

案の定続かず、結果もでませんでした。

筋肉は熱を作るので、筋トレをすると良いという話も聞きましたが、当時は現役部活動生。

運動もトレーニングも毎日のようにしていました。

 

 

一生低体温・・・とあきらめ、忘れかけていましたが、

姿勢改善をした後、ある日ふと体温を測ってみると、なんと平熱が上がっていたのです!

 

いくら筋肉をつけたところで、日常の中で正しく使われていなければ、キチンと熱を発してくれませんし、

悪い姿勢で歪んだ身体は、体内で必要な循環が滞ってしまうのですね。

 

暑くなってきたのに、手先、足先だけ冷える。常時低体温という方は、あなたの姿勢が原因かもしれません。

鏡を前に、ぜひ姿勢を見直すきっかけにしてみて下さい。

 

 

当院でも6月のトピックとして、姿勢改善トレーニングを実施しています。

夏までに、外見も中身も美しい姿勢美人を目指してみませんか。

詳しくはトップページをご覧ください。

 

 

次回は「姿勢とちょこちょこ歩きの関係についてご期待ください。




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





« 過去の記事へ