Archive for 日記



2017.10.20

おなかのコリ 腹筋運動でおなかがぽっこりの罠


・・・・おなかがぽっこりと出てきた。

 毎日腹筋運動をするのはめんどうだけど、
事あるごとに腹筋を締めるようにしている。

~職業柄 こんな事例をたくさん伺ってきました。

すると、
せっかく腹筋を意識しているのに、
逆に
おなかがぽっこりと出てきてしまった・・・・

そんなシャレにならない事態が
引き起こる前にお勧めなのが、

あなたのおなかのコリを解消する、
ということ。

便秘や腹痛などの
痛みを伴うわけでもないから、
おなかのコリを意識しないことも多いのですが、

おなかのコリは、

おなかの周辺の血流を悪化させ、
内臓の(とくに胃腸)動きを低下させます。
婦人特有のトラブルも誘発しますし、
厄介な問題なのです。

過日お伝えしたストレッチ後も

「伸びた実感がない」
「コリって何?」
「もっともっとおなかを伸ばしてすっきりしたい!」

という方は、

ぜひ、一度、
専門家による
施術をご体験ください。

不要に膨らんだおなかが
いっきにサイズダウンするかもしれませんよ!

気になる方は、
当院ウェブサイトトップページの
キャンペーンをご覧になってくださいね!

台風を前にした週末です。

ゆっくりと
体調整備に充ててはいかがでしょうか!!!




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2017.10.18

おなかのコリ2 おなか伸ばしに挑戦!


さて、昨日のお話の続きです。

 

今日は日中縮み続け、伸ばされることを

忘れてしまった腹筋を

気持ちよ~く伸ばす方法をお伝えします。

 

 

やり方は簡単!

「うつぶせ 膝曲げ 」の画像検索結果

 

こんな感じでうつ伏せに寝っ転がっていただき、

両足をパタリと片側へ倒すだけ!

 

脚を倒した方向と逆側の腹筋が伸びていれば◎

 

余裕のある方は足をくっつけた状態で

チャレンジしてみてください。

 

寝る前、布団の上でやつていただけると、

日中縮んだ腹筋が伸びて、次の日に持ち越す

縮みを軽減できます。

 

朝起き上がる時に腰が痛む方は、

立ち上がる前、軽めにやっていただくと

効果的です。

 

ただし、痛みのある時にはくれぐれも

無理してやらないようにしてくださいね!

 

 

 

 




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2017.10.17

おなかのコリ 寝起きがつらい腰痛 


 

 

 

 

座位姿勢は後方重心となりやすいあなたの座り方は

このように背中が丸まり

腰骨が丸まってませんか?

 

日中に座る時間が長い場合、

おなかが縮み続けています。

 

夜も、横向きに膝を曲げて寝ていると、

おなかが伸びる機会を失い、

腰骨は昼間のまま曲がった状態に保存されます。

 

さて、

寝床から起きるときには、

腹筋をたくさん使います。

 

もともと縮んでいた状態の腹筋は、

昼夜問わず伸ばされることなく朝を迎え、

起き上がる(=最大級に腹筋が縮む)ことで

 

おなかの逆側に位置する

腰骨や腰の筋肉にトドメをさす、

といったイメージです。

 

では、縮んだおなかはどうしたらいいの?

には、また次回にお伝えしますね!

 

 




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





« 過去の記事へ