Archive for 日記



2019.07.04

【腰痛防止委員会】腰が痛けりゃ代用を考えよう


今回は

 

月曜日恒例

 

【腰痛防止委員会】会報です。

 

前回の委員会会報は

 

腰痛にとって正しいことをすると

 

逆に腰が痛くなってしまう人のお話でした。

 

好き嫌いを直すように

ちょっとずつ

バレないように笑

 

腰痛を起こしやすいカラダから

 

理想へ近づけるように

 

慣らしていくことを提案しました。

 

 

 

 

今回の会報は、

 

 

 

腰痛の時の

 

爪切り。

 

 

 

かがみにくくなって

 

爪が切りづらい。

 

 

 

これを

 

 

「代用」

 

 

の視点で考えます!

 

 

 

 

 

普通よりも長い爪切りや

色々な角度から切れる

 

便利な爪切りも増えてきましたが、

 

 

普通の爪切りで

苦労なく切れるようにあり続けたいですよね!

 

 

 

このことは、

 

靴下をなんなくはくことにもつながりますから

要チェックです!

 

 

 

 

「腰が痛くて曲げられないんだから、

 

おなかのあぶらをなくせばいい?」

 

 

いいえ、そんな時間がかかることは

ここでは扱いません!!

 

 

 

ここでは、ズバリ、

 

 

腕!

 

 

 

特に

 

 

 

ワキ

 

 

に注目してみましょう!

 

 

 

 

有名な逸話があります。

 

 

 

何かにつけて

 

「高さ」が必要になる

 

バレーボール。

 

 

 

ある時、

バレーボール日本代表が

 

より高くに到達するために

 

 

ある部分をよく動かすようにしたんですね!

 

 

 

そこがハイライトされるべきポイント!

 

 

 

 

そして、

 

 

凝り固まったワキが原因で

 

 

動きが悪くなった部分、

 

 

そう

 

 

肩甲骨

 

 

 

にフォーカスしていきます!!

 

 

 

 

なので

 

痛む腰のせいで

深くかがめないような場合は、

 

 

ワキを伸ばし

肩甲骨を広げて

 

見かけの腕を5cmほど伸ばしてしまいましょう!!

 

 

「大木を抱えるようなポーズ」

でストレッチしてみる。

 

 

 

そうしたら

 

かがめる角度は浅いままでも

 

腕がびょ~~ん伸びますので、

 

 

 

前かがみの動作が、

 

 

ゆとりを持ってできるようになります!!

 

 

 

 

慢性腰痛をすぐに改善するのがベストですが、

 

 

もしかしたら

 

取らざるを得ない生活上の姿勢が元で

 

慢性痛をもたらしているのかもしれません。

 

 

腰に負担をかけないように

 

 

腕で代用して

 

 

爪切りをしてみる。。。。。

 

 

これも腰痛を改善していくための

 

一歩になるかもしれませんね!!

 

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2019.06.28

【腰痛防止委員会】理想と現実の架け橋~好き嫌いに学ぶ~


前回の委員会会報は

 

腰痛防止のために

「朝一番にしてはいけないこと」

についてお話しました。

 

 

今回は、

 

別の角度から

 

昨日にもお話した

腰痛を発症した男性のお話を!!

 

 

前回ご紹介した定年直後の男性は、

 

明らかに

 

座りすぎ、

運度不足、

姿勢が悪い、

 

とツッコミどころ満載の方。

 

 

 

・もっとフットワーク良く、

 

・筋肉を刺激して、

 

・姿勢を整える、

 

 

そうすべきです!!!!

 

 

この方は、

 

 

 

「はい、

 

正しいことをすべきなのはわかります。

 

 

 

でも、やろうとすると

 

上手にできなかったり、

変なところに力が入ってしまうようで

 

 

とにかく疲れるし、

痛みも感じるんですよ。

 

 

だから、

 

怖いんです。

 

またひどく痛むんじゃないかと思うと、

 

 

理想に対しては

 

まだ積極的に取り組めない」

 

 

 

 

 

とおっしゃります。

 

 

 

 

 

ごもっとも。

 

 

そうですね、

 

ここで思い出すのが

 

 

子供の食べず嫌いを治す方法です!!

 

 

どんなに

 

 

「大きくなれないよ」

 

なんて正論を言っても、

 

 

 

 

「この食べ物キライ!!!!」

「無理~~~」

 

 

と言う感情にはかないません。

 

 

 

だからこの思いを消してあげることが

 

まず大切!!

 

 

そして

 

 

 

「あ、食べられるんだ!!」

 

と言う自信をつけてもらうこと。

 

 

 

それを

 

この腰痛に言い換えると

 

 

 

「そんな動き、姿勢、できっこない!!」

 

 

「こんなふうにすれば、できるんだ!」

 

に変えてさし上げる!!

 

 

 

 

そうするとそこに、

 

 

「あ、痛くない!!」

 

 

と言う実感が伴うので、

 

 

「後からやりまーす」

 

とは決してならない。

 

 

 

 

「この瞬間から始めます!!」

になるのです。

 

 

 

 

この男性は、

 

 

足うらの重心に決め手がありました。

 

 

カカトと小指側に偏りすぎた重心のせいで

 

立ち上がるときの

 

股関節と骨盤に

 

必要以上の負荷がかかっていたことがわかりました。

 

 

 

そこで、

 

ある小道具を使い、

 

見た目と足裏の感覚に

気づきをもたらしてみました。

 

 

もちろん、整体で調整したほうが精密なんですが、

 

 

 

あえてご本人の気づきを得るために、

 

小道具を使い、

 

 

重心を正しい位置に変えてみました。

 

 

そうすると

 

 

仰向けで寝ていた状態から

横向きになり、

そこから

痛みなくスムーズに起き上がれました。

 

そして

 

椅子から立ち上がる時に

難なく立ち上がれました!

 

 

 

言うまでもなく、

 

 

ご本人は、

 

 

「どう対処したら、

痛みなく起き上がれるか?」

 

 

がはっきりとわかりましたし、

 

 

「今後は、どのようなことに気をつければ、

この辛さを2度と味あわずにすむか?」

 

と言う気持ちまで持つようになったのです!

 

(そう、この時点で理想をお話したら、

そんなりわかってもらえるんですね!)

 

 

 

 

理想と現実。

 

 

その間には

 

大きなギャップがあるものですが、

 

 

実は架け橋も

 

 

案外あるものです!!

 

 

 

見つけるお手伝いを

喜んでいたしますよ〜〜〜!!

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

今後も

 

筋肉不足、運動不足

 

について

 

お話していこうと思いますので、

 

 

期待してくださいね!!




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2019.06.20

【腰痛防止委員会】朝一番でしてはいけないこと


今回の会報は、

 

このところのブログのテーマである

 

「支える」

 

の流れをくんでのお話となります。

 

 

 

 

あなたは

 

 

「ぎっくり腰」

 

または

 

「寝ていて起き上がることも困難な腰痛」

 

 

を経験したことがありますか?

 

 

 

 

経験したことがあると

 

起き上がる時の支えの大切さ、

 

ということを

 

 

身にしみて痛感していることと思います!!

 

 

 

一方で

 

 

起床時に

 

 

腹筋運動並みに

 

イキナリ上半身を勢いよく起こす、

 

 

元気の証とばかりに

 

起き上がる、

 

 

そんな起き方をしてはいませんか?

 

 

 

これは、

 

 

どんな元気な人でもお勧めできない起き方です。

 

 

カラダが温まり

なじんだ午後ならともかく

 

 

朝一番でする動きではありませんよ!!

 

 

 

できれば、

 

一旦うつ伏せになり、

 

四つ這いから

 

足を前後に開き

(後ろ足はひざをつき)

 

前足の太ももに両手をついて

 

背中・腰を丸めることなく

 

起き上がって欲しいところです。

 

 

 

うつ伏せになれない場合は、

 

せめて腰を丸めずに

横向きになり、

 

そこから腕を支えにして

カラダを起こすようにしてみてください。

 

 

 

 

これは、

 

腰骨の関節の形からも言えることです。

 

前後の激しい動きには

トラブルを起こしやすい関節の形なんですね!

 

 

寝るときもそうです。

 

 

いずれにしても

 

 

起きる、寝るは

 

腹筋を鍛えつチャンスとは思わないことです。

 

 

 

 

また、

 

グズグズ慎重に動くのがかったるい、

 

そんなちっちゃなことで腰痛防止できるの?

 

そんなちっちゃなことで腰痛になっちゃうの?

 

 

と思われる方、

 

 

 

相当鍛えている人以外は、

 

 

カラダは丁寧に扱った方がいいです。

 

それも、

 

「起きる」って

一日一回は必ずしなくてはならないこと。

 

なので

 

長い目で見た悪いクセの蓄積は避けた方がいい。

 

特に朝方は!!




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





« 過去の記事へ