Archive for 日記



2018.02.16

血管を元気にする運動② 筋トレ


大事なことはおさらいしながら進みましょう!

 

毛細血管を元気にする為に大事な事

  • 毛細血管を傷つけない、回復を手伝ってあげる
  • 血流を流す

 

2に関して、有酸素運動が効果的です。

中でも、強度の強すぎない約15分のウォーキングに5分間の筋トレを組み合わせると効果が高い!

 

回復センター流ウォーキングを最大限に活かすポイントは

・運動後必ずケアを入れること(ストレッチやさすり)

・正しいフォームで歩くこと              でした。

 

今日は、5分間の筋トレについてお伝えしていきましょう。

血流アップに欠かせないのは何といっても下半身の筋トレです。

 

おすすめはスクワット!

 

ただしスクワットはフォームがとても大事です。

間違えてしまうと、膝を痛める可能性が高くなります。

 

主にももの前を鍛えるトレーニングなのですが、

膝が大きく曲がるか、股関節が大きく曲がるか、

人によって癖が違います。

 

痛みが出てしまう方や、運動効果が出にくい方のほとんどが、

膝が大きく曲がるフォームになっているので、

一度鏡の前でチェックしてみてください。

 

基本はつま先より膝が前に出ないこと!

 

上級編では重心の位置をそのまま(うしろにせず)に

お尻を突き出すような動きができると、

股関節を上手に鍛えるスクワットになります。

 

無理せず壁や椅子などを支えにして、チャレンジしてみてください。

 

次回はおすすめの筋トレ②、歩く時の膝の伸びが良くなるトレーニングについて

お伝えします。 お楽しみに♪




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2018.02.07

血管を元気にする運動① ウォーキング


前回は、毛細血管を元気にするための大きなポイントを2つお伝えしました。

 

  • 毛細血管を傷つけない、回復を手伝ってあげる
  • 血流を流す

 

そのなかでも血流を流すには有酸素運動が効果的です。

というお話でしたね!

 

有酸素運動といえば、ランニングやウォーキングを思い浮かべる方が多いと思います。

ところが、最近の研究ではランニングは運動として激しすぎてしまい、

逆に血管を傷付ける恐れがあることが分かってきています。

 

毛細血管を元気にするための運動としては、

ウォーキング(約15分)に5分間の筋トレを足すことがベストなんだそうです!

 

筋トレはスクワットなど、脚中心。

ウォーキングは1,2,1,2・・・とリズムを取り入れると

効果が上がりますよ。

 

さらに、回復センターではウォーキングを最大限に

活かす為にからだのプロとしてお伝えしていることがあります。

 

大事ですよ~!

よ~く覚えてくださいね!

 

【1つ目 運動後必ずケアを入れること(ストレッチやさすり)】

【2つ目 正しいフォームで歩くこと】

 

 

この2つです。

2つ目に関しては以前このブログ内で

正しい歩き方について紹介しています。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

回復センターに通っていただいている方には、

元気になるウォーキング実践委員会として

歩き方についての知識共有をしていくので、

ぜひご参加ください。

 

初めての方でも、ご希望あればフォーム改善や

トレーニングができますので、

お気軽にお問合せくださいね。

 

 

今日から、今すぐに出来て大切なのは1つ目のケアです。

 

運動の仕方や、効果的な方法は

実用書やネットの中で沢山紹介されているのですが、

終った後にストレッチをしてくださいと

書いてあるものは意外に少ないです。

 

ところが、やりっぱなしにしてしまうと、

運動効果とは別に、

疲労、筋肉のこわばりが

残ってしまいます。

 

こうなると、血流が悪くなってしまい、

せっかくの運動が逆効果になってしまいます。

 

運動後のケアまでいれて、

ワンセット!と覚えておいてください。

 

次回は5分間の筋トレに注目していきます。

お楽しみに。




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2018.02.01

毛細血管を元気にするには?


最近ではアンチエイジングに毛細血管のケア!

は色々なところで聞くようになりました。

 

テレビ、メディア、雑誌などで取り上げられて

毛細血管を元気にする方法が色々と紹介されています。

 

食事、睡眠、運動をはじめとする生活習慣が大切ですが、

 

大きく分類すると、

 

  • 毛細血管を傷つけない、回復を手伝ってあげる
  • 血流を流す

 

この2つがポイントになります。

 

先に「血流を流す」について。

 

細胞や臓器が元気に動くための

栄養や酸素は血液に乗って運ばれます。

 

運ぶのは、運び屋さんである毛細血管の仕事ですが、

その毛細血管自体もまた、血流によって養われています。

 

つまり、流れる血流が少ないと仕事が少なくて楽だな~

 

ということはなく、

 

自分自身の栄養が足りず、仕事が出来なくなってしまいます。

 

そこで大切な事が、血流を流してあげる事、

 

「有酸素運動」です!!

 

ただ歩けばOK!と思っている方も多いようなので、

次回は効率的な有酸素運動のやりかたについて

ご紹介します。




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





« 過去の記事へ