Archive for 日記



2019.09.13

【腰痛防止委員会】厄介者から教わる本質


今回は、

 

腰痛防止の原点に戻ります!

 

 

まずは、2つの数字をご覧ください。

 

 

 

一つめは、

 

世界機関(WHO を含む)によると

 

「生活に支障をきたす病気の

第一位が腰痛」

 

ということ。

 

 

二つめは、

 

「腰痛の85%は

原因を特定できない」

 

というものです。

 

 

 

腰痛は日本人だけの問題ではない、

 

世界的に深刻な「病気」。

 

 

ただし、

 

深刻なのに

「ほぼほぼ原因がはっきりしません」

 

というトホホな現状なのです。

 

 

原因が特定できていないのに、

 

 

例えば

 

東大病院のウェブサイトでは

 

「青信号」腰痛として

「危険ではない」と断言しています。

 

私個人としては、

 

この断言はいかがなものか?

と疑問視していますが、

 

逆に言えば、

 

「危険ではないのに、

生活に支障をきたす」

 

という厄介なもの、

 

それが腰痛なんですね!!

 

 

 

想像してみてください。

 

 

 

あなたが

 

毎日の生活を思うように過ごせない時、

 

精神的なストレスとは無関係だ、

 

と言い切れるでしょうか?

 

 

ストレスを感じる方がほとんどだと思います。

 

 

 

そして、

そのストレスが原因で

 

気持ちが晴れない

 

不安になる

 

落ち込む

 

といった心理上の問題が加速するのです。

 

 

そして、

 

その心理的なブレーキが、

 

実際の行動をしばりつけてしまうことになります。

 

 

外出がおっくうになる

 

家の中でも動かない

 

運動を回避する

 

などの

 

 

「不活発な生活」をどんどん生み出してしまうのです!

 

 

もちろん、

 

ストレスが

カラダの色々なはたらき、

 

例えば免疫だったり、

 

例えば活性酸素のダダ漏れだったり

 

直接的な悪さもするわけです。

 

 

 

 

 

ここで

「ピン!」ときた方はさすがです。

 

 

 

これまでも

 

このブログで書いてきた

 

「新しい”リハビリ”という考え方」

 

の中にもたびたび登場する

 

 

「生活不活発病」

 

という

 

「生活習慣病の隠れた原因」

 

とも呼ばれる病気と

 

 

この腰痛が

 

ぴったりマッチするわけですね!

 

厄介者!!

 

 

カラダのあちこちで起こっているトラブル、

 

カラダのあちこちでこれから起こるであろうトラブルは、

 

 

実は、

 

 

見えないところで、

 

 

つながっている。

 

 

 

 

生活に支障をきたす病気No.!の腰痛を

 

ブログのテーマとして独立させているのも、

 

このためです。

 

 

 

生活不活発病という切り口で整理すれば、

 

腰痛以外の辛さであっても

 

カラダのいたるところに発生するトラブルに

共通なポイントを

 

皆さんと解決法とともに共有したかったからなんです!!!

 

 

 

 

次回も月曜日に委員会会報をお送りします。

 

この厄介な腰痛をやっつけるために

 

いっしょに頑張りましょう!!




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2019.09.06

【腰痛防止委員会】お便りだけが頼りです


今日は、

 

旧友が

 

8月12日の腰痛防止委員会会報

 

「あなたの腰痛ヒストリーをひもとく」

 

にコメントをくれました!

 

中学校野球部の球友で、

高校は別れましたが、

 

進学校ながら

甲子園出場の歴史もある高校の

 

主将も務めたナイスガイ。

 

 

彼の腰痛ヒストリーは

 

野球のノックを受けていたときに始まったそうです。

 

今でも

 

あぐらで長時間座った後や

 

前かがみに仕事をした後に

 

立ち上がると、

 

腰がまっすぐにならない!!

 

ということで

 

彼の現在進行形の腰痛ヒストリーを開示していただきました!!!!

 

 

このようなトラブルに関しては、

 

 

通常LINE@にご登録いただいて、

その後に個別のやりとりをするのですが、

 

旧友とはLINE@でつながっていなかったので、

 

メッセンジャーでやりとりをしました!

 

 

個別の対策は割愛しますが、

 

私から彼へのアドバイスは

 

どうやら功を奏したらしく、

 

 

「おいおい、文ちゃん(私のこと)スゲーな!」

 

とコメントいただきました!

 

 

 

 

 

 

 

遠隔診断や遠隔指導は

ときに困難なこともありますが、

 

まずは、辛さに苦しむ方に

 

何か手助けができれば、

 

と思い、現在も活動継続中です!!

 




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





2019.08.31

【腰痛防止委員会】枕が高くなった 腰枕の登場です


今回は、

 

 

「枕が高く感じたら、腰痛注意」

 

です。

 

 

 

その日によって、

枕が高く感じたりすることがありませんか?

 

 

これは、

主に首の骨の下の方

(頚椎下部、胸椎上部)が

正常の位置よりも

 

後ろに飛び出ているときに起きます。

 

 

とはいえ、

一般の方が

首の骨の位置を元に戻すのは難しい。

 

 

そんな時にオススメなのが、

 

腰枕!!

 

 

今日は、

 

餃子型のクッションに登場いただき

 

モデルさんの腰に

クッションを入れてもらいます!!

 

 

 

丸まった腰骨を調整することで、

間接的に首の骨まで調整するために、です!!

 

 

と、

 

仰向けになってもらったら、

 

たった数分で、

 

居心地の悪さに気づきます!

 

 

「腰が痛くなってきました。。。。泣」

 

 

あれれ?

 

お腹のこわばりも事前になくして、

 

腰クッションに備えたはずでしたが。。。。。

(見えづらいので餃子クッションのへり

をオレンジで色づけして、矢印つけました)

 

 

 

と、よーくみてみると、

 

 

クッションの位置がよくありません。

 

 

これでは

 

仙骨・尾骨(尾てい骨)が丸まり、

腰椎(背骨の腰の部分)が丸まってしまいますから、

 

狙いとは逆になります。

 

 

もう少し、

クッションが上にないと、

 

逆に腰が丸まってしまい、

腰痛がじんわりと出てきますし、

 

首に悪影響を及ぼすので、

ますます枕が高く感じてしまうかも!

 

 

 

 

 

この夏休み、

 

慣れない布団や

柔らかいベッドで

 

首もさることながら、

 

腰が不調になった方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

みんながみんな

餃子クッションを持っていないと思うし、

 

適切なクッションがない場合は、

 

バスタオル8つ折りにして
(たて2つXよ4つ折り)

タオルの下はしが

 

ベルトの位置よりも高くなるように

注意して

仰向けに寝てみてください。

 

 

夜通しの必要はありません。

 

 

10分程度で十分です。

 

寝る前のストレッチの位置付けで

 

毎晩試してみてください。

 

 

腰骨調整と首の調整が同時にできるは

素晴らしいですし、

 

枕を捨てる必要もない笑

 

 

腰痛予防はもとより

 

すでに出てしまった腰痛も軽くなるかもしれませんよ!




人気ブログランキング

↑人気ブログランキングに参加中! クリックよろしくお願いします。





« 過去の記事へ